人前式を選んでオリジナリティを出す

宗教色のない挙式にするなら

一般的な結婚式は、神社や教会で行われることが多く、神の前で結婚の誓いを立てることになります。それゆえ、挙式は宗教の儀式の基づいて行われることが多く、宗教色も強くなりがちです。宗教にはあまりこだわりがないという人もいますし、できれば宗教に縛られることなくより自由な結婚式にしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのような場合は人前式が向いています。人前式は神の前で結婚を誓うのではなく、家族や親族、友人らの前で結婚を宣言しゲスト全員に証人になってもらいます。宗教に関係ないので演出にも制限がなく、より自由な式ができるのもメリットです。形式にとらわれることなく、アットホームな雰囲気が得られるのも人前式の良いところです。

衣装や場所も自由に選べる

人前式の式場はどこにするのか、どのような衣装を着用すれば良いのかでも悩むところです。まず、衣装は和装でも洋装でも自由に選ぶことができます。式場についても、チャペルやホテル、ガーデンなど自由に選べるのでそれぞれの好みや目的に応じて選んでいきましょう。チャペルでの挙式に憧れを持つものの人前式で教会を使うのは難しいと考える人もいます。十字架を外せるチャペルなら人前式をすることは可能ですので、希望する会場があれば問い合わせてみましょう。一般的な挙式ではプログラムの進行も良く似ていますが、プログラム構成が自由に選べるのも人前式の魅力です。一般的な結婚式では宗教的な儀式が行われるので、その分費用が高くなります。人前式では、主教的な儀式をしないこともあり、牧師や聖歌隊などの人件費も必要なく結婚式の費用が安く抑えられるというメリットもあります。

結婚式が安い式場は、派手な演出を控えてコストカットを図ったり、少人数制の挙式プランを用意したりしているところが目立ちます。